イントラレーシック徹底解剖

評判の視力回復手術イントラレーシックを後遺症・失敗など、イントラレーシックの安全性や問題点から比較
 

2013年04月14日

レーシックで老眼治療?

レーシックで老眼治療というと、当ブログを開始したころには適用外でした、
その後、視力矯正手術を行っているクリニックが老眼治療をうたいはじめましたが

で実際にですが、現在でも老眼をレーシックで矯正することはできないようです、
ではレーシック・クリニックが行っている老眼治療は嘘をついてるの?

そういう風に思ってしまうでしょうが、老眼治療をレーシック・クリニックが
行っているから、老眼の矯正もレーシックなんだろうという勘違いでしょうね。

各クリニックのサイトを読めば、老眼に対しては老眼治療の説明があり、
その上で近視などもある方は、レーシックも同時に受けられますよということです。

レーシックと老眼治療を同時に行える視力矯正手術のクリニックとしては、
品川近視クリニック、神戸神奈川アイクリニック、SBC新宿近視クリニック、
錦糸眼科など、ほぼ大手のレーシック・クリニックが行っております。
posted by イントラレーシック at 23:56| Comment(0) | レーシック 老眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

コンタクトレンズ装用で角膜内皮細胞が減少

カラコンの危険性について書きましたが、そもそもコンタクトレンズ自体、
誤った使用を続けると、目の健康を大きく損なう可能性が高いものです。

その一つが最近増えている、角膜内皮細胞の減少というものです。

角膜は5層の構造になっており、一番表面は上皮で一番内側が内皮です、
上皮は神経があり、傷が付いたりすれば痛みます、そして再生能力があります。
逆に内皮の場合は、神経がなく再生する能力も乏しい器官です

角膜には血管がありませんから、酸素は外気から直接取り入れており、
もし上手く酸素が取り込めないことになれば、角膜内皮細胞の死滅をまねきます

酸素透過性の低いコンタクトレンズや、不適切な使用を続けてしまうと、
角膜内皮細胞がどんどん減少して行き、角膜を透明に保つ機能が低下し、
1000個/平方ミリメートル以下まで角膜内皮細胞が低下すると

角膜が白く濁ってくる角膜混濁を起こし、治療法としては角膜移植しかなくなります。
posted by イントラレーシック at 23:55| Comment(0) | コンタクトレンズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

カラコンで目の障害が増加、失明の可能性も

若い女性を中心に人気のカラコン(カラーコンタクトレンズ)による、
目の障害が増加しているという新聞記事を少し前に見かけました。

多くは不適切な使用によって、トラブルを引き起こしているとのこと、
使い捨てコンタクトレンズもそうですが、カラコンについても、
処方箋なしで購入できてしまうような通販ショップがあります。

そうなると、やはり眼科を受診するというのは面倒になりますから、
個人的な判断で適当にカラコンを入手し装用してしまうことになり。
当然、ベースカーブなどは無視した状況で利用することになります。

またカラコンの場合、大手のコンタクトレンズメーカーでは、
それほど種類がなく、おしゃれ目的であるためカラーを優先し、
酸素透過性の低い、粗悪な製品を使い続けてしまう結果。

細菌感染や角膜びらんなどを引き起こし、最悪は失明に至る可能性もあるのです。
posted by イントラレーシック at 23:59| Comment(0) | カラコン 危険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

レーシックで視力低下した?

レーシックで視力低下したらしいよ、というツイを少し前に見かけたのですが、
書いている内容から察するに、友人が誰かに聞いた内容をツイしたものみたいでした。

なので、このツイ内容からではレーシックで視力低下したというのが

  • レーシック後、僅かな期間で視力低下が発生したのか?

  • レーシックを受けてから、4〜5年など一定期間経過してか?

  • 感染症などにより、視力低下してしまったものなのか?

  • セッカク視力回復したのに、カラコンなどで目に極端に負担を掛けたのか?

  • 加齢にともなう、眼の老化現象をレーシックの影響と勘違いしているのか?


これら意外にも、レーシック後に糖尿病などの合併症として眼障害を起こし、
事情を知らない人が、レーシックで視力低下したんだと勘違いする場合もあるようです。

なので一口にレーシックで視力低下という情報は、詳しい状況が分からなければ、
レーシックを検討している方の不安を煽るだけで、正確な判断ができませんから、
ネット上の書き込みは100%信用せず、適応検査やカウンセリングで確認してください
posted by イントラレーシック at 00:37| Comment(0) | レーシック 視力低下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

運転免許をとる前にレーシック

春休みに運転免許をとりに行った人も多いと思いますが、引っ越しなど
新生活の準備に追われてしまった方は、夏休みにチャレンジでしょうか?

さて運転免許試験といえば、
適性試験で視力検査を受けることになりますが、
視力が悪い人は、眼鏡等により矯正することができるとなっており、
多くの人はメガネで視力検査を受け合格すると、交付された運転免許証の
条件欄には「眼鏡等」と記載されますが、なんとなく嫌って人多いですよね

運転免許証の
「眼鏡等」という表示が嫌で、レーシックを受けたなんて人もいるので、
現在レーシックを検討している方で、同時に運転免許の取得がまだの人は、
後々、わざわざ免許センターへ条件解除しに行くのも面倒になりますので

レーシック手術後に視力が安定してから、合宿免許なり教習所なりに
通うのがスムーズだと思います、裸眼の方が教習も受けやすいですしね

ゴールデンウィークにレーシックを受け、夏休みに免許をとりに行けると
ベストなんでしょうね、あとは両方の費用の問題ですがバイトで頑張りましょう!
posted by イントラレーシック at 01:40| Comment(0) | 資格・就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。