イントラレーシック徹底解剖

評判の視力回復手術イントラレーシックを後遺症・失敗など、イントラレーシックの安全性や問題点から比較
 

カテゴリー:イントラレーシック比較

2005年09月28日

適応近視度数比較

一般的にレーシックでの適応近視度数は−10.0Dと言われていますが
神戸クリニックの三宮と小倉では、日本ではまだ数台しかない最新設備である
エキシマレーザーウェブライト社製「アレグレット」を導入しており
高精度なアブレーション(切除)が出来るため強度近視-14Dまで可能です
一方、イントラレーシックの品川近視クリニックでは
もう一段階上の最強度近視-15Dまでが可能範囲です。

レーシック
(神戸クリニック)
イントラレーシック
品川近視クリニック
矯正範囲 強度近視-14Dまで 最強度近視-15Dまで


「■イントラレーシック徹底解剖■」TOPページ
posted by イントラレーシック at 13:59| Comment(0) | イントラレーシック比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。