イントラレーシック徹底解剖

評判の視力回復手術イントラレーシックを後遺症・失敗など、イントラレーシックの安全性や問題点から比較
 

カテゴリー:カラコン 危険

2013年04月12日

カラコンで目の障害が増加、失明の可能性も

若い女性を中心に人気のカラコン(カラーコンタクトレンズ)による、
目の障害が増加しているという新聞記事を少し前に見かけました。

多くは不適切な使用によって、トラブルを引き起こしているとのこと、
使い捨てコンタクトレンズもそうですが、カラコンについても、
処方箋なしで購入できてしまうような通販ショップがあります。

そうなると、やはり眼科を受診するというのは面倒になりますから、
個人的な判断で適当にカラコンを入手し装用してしまうことになり。
当然、ベースカーブなどは無視した状況で利用することになります。

またカラコンの場合、大手のコンタクトレンズメーカーでは、
それほど種類がなく、おしゃれ目的であるためカラーを優先し、
酸素透過性の低い、粗悪な製品を使い続けてしまう結果。

細菌感染や角膜びらんなどを引き起こし、最悪は失明に至る可能性もあるのです。
posted by イントラレーシック at 23:59| Comment(0) | カラコン 危険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。