イントラレーシック徹底解剖

評判の視力回復手術イントラレーシックを後遺症・失敗など、イントラレーシックの安全性や問題点から比較
 

過去ログページ

2007年12月10日

イントラレーシックと円錐角膜治療

イントラレーシックを併用することで
円錐角膜治療と視力回復を行うのがイントラ角膜リング

円錐角膜は、角膜が薄くなり角膜表面が突出する病気であり
従来のレーシック手術では、角膜の強度低下や進行をまねく恐れがあり
エキシマレーザーによる視力回復は諦めざるおえませんでした

イントラ角膜リングは、イントラレーシックと角膜リングを併用することで
精度の高いコンピュータによる角膜の切開を実現と
角膜の強度を高め、円錐角膜の進行を遅らせることが可能となりました

但し、回復の幅には個人差もありますので
イントラレーシックほどの視力回復効果は期待できません
posted by イントラレーシック at 23:19| Comment(0) | レーシックの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。